2010年05月07日

<子ども手当>一部現物支給を提言…民主党の国民生活研究会(毎日新聞)

 民主党のマニフェスト(政権公約)見直し作業で、子ども手当を担当する国民生活研究会(会長・中野寛成元幹事長)は6日、11年度以降は半額(月1万3000円)を保育・教育に関する行政サービスによる現物支給とする提言をまとめた。2万6000円の現金支給を盛り込んだ政権公約の見直しを求めた。今後、上部組織のマニフェスト企画委員会で検討するが、党内には抵抗感もあり、論議は難航しそうだ。

 提言では、現金支給は当面、6月に始まる半額の1万3000円とし、11年度から増額を予定していた1万3000円に相当する財源を、地方自治体を通じた保育所の整備など、教育・子育てに関する現物支給に充てる。

 現物支給には自治体ごとのニーズのばらつきや財政上の制約があり、サービス充実の具体策は示していない。中野氏は取材に対し「タウンミーティングの結果、残る1万3000円は現物支給にしてくれという声が圧倒的だった」と語った。【竹島一登】

【関連ニュース】
子育て支援:子ども手当、額は市町村で…政府方針
子ども手当:韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組
民主党:予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告
長妻厚生労働相:子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく

<GW>JR、国内航空利用客伸びる 日並びや好天が影響(毎日新聞)
<潮干狩り>初夏の陽気のなか3万人楽しむ 横浜(毎日新聞)
田島氏“お祭りガールズ”結成(スポーツ報知)
宮司も…つぶやき…神社IT化計画着々と(読売新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
posted by サカイ ヨシオ at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。