2010年05月17日

ワンコイン英語塾人気 “苦学”同志社大留学生「500円、学費の足しに」(産経新聞)

 授業料滞納で一時は退学の危機にあった同志社大学(京都市上京区)の留学生らが、学費の足しにと4月から「ワンコイン英語塾」を始めた。受講生が授業に満足したら500円以上の「寄付金」を払うというユニークな仕組み。“苦学生”による熱心な授業に、「分かりやすい」「手軽に英語が学べる」とサラリーマンや学生からも好評だ。

 講師は、インド・コルカタ出身のシェカール・アナンドさん(24)と米・ノースカロライナ州出身のマシュー・マーフィーさん(25)。

 2人は昨年9月、同志社大が海外の学生を対象に開校したビジネススクールに入学。しかし奨学金の額が足りず、アナンドさんが今年3月、授業料滞納のため退学の危機に陥った。

 そこで、ビジネススクール講師の山口栄一・同志社大大学院教授(技術・革新的経営)や他の学生がバックアップし、同じく学費に困っていたマーフィーさんとともに英語塾を開くことにした。

 アナンドさんがビジネス英語コース、マーフィーさんが初級コースを担当。「英語は自分から話さないと覚えない」をモットーに、時事問題などをテーマに英語で話し合う。教材は英字新聞の切り抜きなどのオリジナル。同志社大の多目的会館「寒梅館」(同区)の空き教室を利用し、15〜68歳の生徒が集まる。

 アナンドさんは「お互いのバックグラウンドを話すなど積極的にコミュニケーションをとっている」。マーフィーさんは「生徒の苦手なところを素早く見つけ、ピンポイントで弱点をなくす」と話し、分かりやすい授業を心がけている。

 授業は生徒5人の予約制で、平日は午後7〜9時、土曜は午前8〜午後9時で、1時間1コマ、500円から。予約はホームページ(http://1coineigo.jimdo.com/)で。

【関連記事】
美帆ちゃん、メダリスト英会話直撃
大学講師が宿題“代行” 有料、HPで呼び掛け
昇給なく雇用も不安定…外国人英会話講師の劣悪待遇“実態”
「ワンストライク」も「よし一本」 人気は対米意識と裏表
国際交流の基礎的事業 小泉八雲の神道理解を評価する

「母になるための環境」日本は32位(産経新聞)
【トヨタ パッソ 新型発表】1か月間で目標の2倍を受注
登記翌年の提案に、小沢氏「そうしてくれ」(読売新聞)
<たわわちゃん>京都タワーのキャラ、仲良しの園児らと茶摘み(毎日新聞)
首相、普天間・日米実務者協議「国益、世界平和のため」(産経新聞)
posted by サカイ ヨシオ at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。